道交法改正で自転車の歩道徐行など対象!14項目の内容は?

自転車の危ない運転は私も時々目にしますが、政府は1月20日に「悪質な自転車運転者に対し、安全講習の義務化を盛り込んだ改正道交法の施行令」を閣議決定しました。

改正された道交法は2015年6月1日に施行されます。

その内容と何が危険行為かを解説したいと思います。

jitensya

危険行為となる14項目

何が危険行為か?と言うことですが、次の14項目が危険行為として定義されています。

  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反
  3. 歩道での徐行違反など
  4. 通行区分違反
  5. 路側帯の歩行者妨害
  6. 遮断機が下りた踏切への立ち入り
  7. 交差点での優先道路通行車の妨害など
  8. 交差点での右折車優先妨害など
  9. 環状交差点での安全進行義務違反など
  10. 一時停止違反
  11. 歩道での歩行者妨害
  12. ブレーキのない自転車運転
  13. 酒酔い運転
  14. 携帯電話を使用しながら運転するなどの安全運転義務違反

これらは以前からも危険な運転として指導や違反の対象となっていたものが多く含まれますが、ここ数年で事故事例の多い「携帯電話の使用」などが明文化されたことで、一般の車と同じように取り締まり対象となりました。

3年以内に2回違反で安全講習受講義務

これら14項目に該当する違反を3年の間に2回犯してしまった場合は、強制的に「安全講習」を受講しなければなりません。

安全講習は3時間ほどで、受講料は各都道府県で決められるとのことですが標準金額として5,700円とされています。

受講しなかった場合は「5万円以下の罰金」が科せられることになります。

Sponsored Link

解釈次第で広く適用の可能性

14項目の中には「○○など」と言う文言で、行為自体を限定していないものも多いので注意が必要です。

例えば、「携帯電話を使用しながら運転するなどの安全運転義務違反」は、携帯電話だけに限定している訳ではありません。あくまで「安全運転義務」に照らして携帯電話などの機器を使用しながら運転し、それが安全な運転を阻害していると認められれば適用されてしまいます。音楽プレイヤーなどでイヤホンやヘッドホンを使いながら運転していた場合が該当する場合も出てくるでしょう。ただ、状況に応じて現場判断となるケースも多いでしょうから、歩道などを通行する場合などは「歩道での歩行者妨害」にも絡みますので、疑念を持たれるような行動は慎むべきだろうと思います。

自転車も車の原則

以前から言われていたことですが、道路交通法では「自転車も車」と定義していますので、基本的には「自動車でダメなことは自転車もダメ」と考えておいた方が良いでしょう。

危険行為で講習を受けるくらいで済めば良いですが、それが原因で誰かを傷付けたりすれば取り返しがつきません。

自転車の安全運転をお願いしたいと思います。

 

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ジャストミート福澤が新幹線で揺れを測る方法とは?
国産ステルス機開発に現実味?歴史的転換点に!
韓国の非常識さを自ら暴露!日韓併合から仏像判決までを振り返る!
紀州犬射殺で感じる犬の飼い方と飼主の責任!どうして噛んだのか?
富士山噴火の危険性!いつ起こっても不思議ではない!!
佐野研二郎の東京五輪エンブレム盗作騒動は本人から辞退が懸命?
2014年「年間キラキラネームベスト10」
幼児用リードネットで論争?!子どもの安全グッズに賛否両論!
日本のホテルから浴衣を持ち帰る韓国人の理由に呆れた
ガチャ上限自主規制って効果ある?疑念がぬぐえないが
アパホテルさんには「空母いぶき」も部屋に置いてもらいたいですね
「戦争怖くてふるえる」デモ初企画の19歳高塚愛鳥さんが話題
広島空港で事故!またアシアナ!原因は操縦ミスか?
特攻隊は志願か強制か?桜花や回天はなぜつくられたのか?
平将門の祟りを現代でも恐れて再開発計画から除外した
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP