2020東京五輪の新競技にボウリングと綱引きが猛烈アピール!!

2020年に開催が決まっている東京オリンピック。

競技の上限が撤廃されたことから、新たな競技に「ボウリング」と「綱引き」も名乗りを上げているそうです。

tokyogorin

実績ある両者

昨年11月のIOC(国際オリンピック委員会)で2020年のオリンピック種目に関する改革案が出され、現行の28競技の上限を撤廃し、大会を運営する組織委員会に一つ以上の実施種目の提案を認めることになりました。これにより2020年東京五輪で新たな競技が追加される可能性が出てきたのです。

そこに名乗りを上げたのが「ボウリング」と「綱引き」。

もちろんそれ以外の競技も名乗りを上げているのですが、この二つに関してはそれなりに有利な状況があるそうです。

綱引きは、1900年から1920年までの5回で正式競技だった歴史があります。これがかなり有利な条件ですね。現在も世界70カ国余りで綱引きの連盟が存在しており、オリンピック競技として復活する素養は十分とのことです。

一方のボウリングも1988年のソウル大会で実施された経緯があります。

世界各地でもボウリングは人気が高く人口も多いそうですね。

日本は強豪

ボウリングの実力はどうかと言うと、日本は強豪国の一つに数えられます。

世界大会でもメダルを獲得するなど、仮にオリンピック正式種目になった場合にもメダルを狙えると言われています。

Sponsored Link

誰もが参加できる

ボウリングを競技種目として推す日本ボウリング協会会長・武部勤さん(元自民党幹事長)は

「誰もが参加できる」

としてアピールしています。

これは、

五輪採用時は協会登録選手以外でも参加できる国内代表選考会を行う

と言う方針を採用するからだそうです。

つまり、ボウリングの腕に覚えのあるあなたも選手登録なしでオリンピックの代表選考会に出られると言うことです。

もし、そこで勝ち進むことができれば「正式な日本代表選手」として東京オリンピックに出場できることになる訳ですね。

これは夢がありますね。

盛り上がる大会を

今の段階では「ボウリング」なのか「綱引き」なのか「その他」なのかはこれからの話になりますが、私個人の意見としては「誰でもオリンピック選手になることができる」と言う「ボウリング」に頑張っていただきたいですね。

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2017春の選抜高校野球決勝の勝敗予想!(大会11日目1試合)
松坂大輔の2016開幕ローテーション除外の理由とは!?
2017春の選抜高校野球2回戦の勝敗予想!(大会8日目3試合)
2016春の選抜高校野球!前回優勝敦賀気比など32校決まる!!
室屋義秀レッドブル・エアレース幕張へ!日本開催の秘策や勝算は?
PL学園野球部衰退の理由とは?休部選択で一時代の終焉を感じる
2015夏の高校野球富山県大会2回戦勝敗予想!
2015春の選抜高校野球優勝有力校予想
2017春の選抜高校野球1回戦の勝敗予想!(大会4日目3試合)
2017春の選抜高校野球1回戦の勝敗予想!(大会3日目3試合)
2017春の選抜高校野球1回戦の勝敗予想!(大会5日目3試合)
五輪組織委また変?神宮球場使用中止要請の杜撰な中身
2016夏の全国高校野球1回戦の勝敗予想!(大会1日目3試合)
2015夏の全国高校野球2回戦の勝敗予想!(大会6日目4試合)
2015夏の全国高校野球準々決勝の勝敗予想!(大会12日目4試合)
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP