石原元都知事が豊洲問題で誤算!?小池都知事との全面戦争か?

築地市場の豊洲移転問題で大揺れに揺れている東京都と東京都議会。

小池都知事がこれまでに調査した内容で明らかになったことは何もありませんでした。誰が決めて誰が責任者なのかもわからず、官僚は責任を逃れるために貝の口なのかもしれません。それに業を煮やしたのか、小池都知事はついに

「歴代の市場長については、退職者も含めまして責任の所在を明確にしていく。退職者も含めて懲戒処分などのしかるべき対応を取っていく」

と、事実究明のための強い決意を示しました。

toyosu

石原元都知事の誤算

豊洲問題では、元東京都知事だった石原慎太郎氏が大きく関わっていると目されていますが、事の顛末については詳細にされていません。また、石原氏は当初

「私も騙されていた」「この問題についての協力は惜しまない」

と言っていたはずですが、突然

都のヒアリングは拒否

すると言う意向を表明しました。

石原氏にしてみれば、探られたくもない腹の中を掻き回されるくらいならば、早めに事を収めるために小池都知事にある程度の情報を提供して幕引きを図りたかったのでしょうが、事態は予想以上に大きくなってしまったことに加え、小池都知事が過去の責任者に対しても懲戒まで持ち出して責任追及する姿勢で臨んでいると言うことが大きな誤算だったのかもしれません。

Sponsored Link

宣戦布告ならぬ講和交渉?

このタイミングで石原氏がヒアリング拒否をしたと言うのは、今後の話し合いへ向けての布石ではないか?と思います。

叩けば埃の出る身であるから、早々に手打ちをしたいと思って協力を申し出ていたものの、その話し合いがかみ合わないのでしょう。ここは一旦拒否して何等かの譲歩を小池都知事側から引き出し、身の安全も図ると言う目論見なのかもしれません。

ishiharashintaro

自身のホームページでは「宣戦布告」などと言う強気なタイトルになっていますが、今回も見かけ上は

「小池都知事への宣戦布告」

と言う石原氏のキャラクターらしい強気さを表しています。そして、豊洲問題に関わるキーマンたちがそれに同調し、ますます真相究明への道が困難になる狼煙なのかもしれません。

豊洲問題はこれからも何が出てくるかわからないパンドラの箱のようなもの。都や都議会、民間などの関係が白日の下にさらされることが望ましいことですが、果たしてことはそう上手く運ぶとは思えませんね。

小池都知事の本気度

ここまで強気で進めてきた以上、ある程度は後に引けない状況の小池都知事。それ故の責任追及意思表明だろうと思いますが、このことで当の関係者は間違いなく

今まで以上に保身に走り真相究明を妨害する

ことが想像されます。

koikeyurikotoyosu

真相を追及するにも時間が必要です。あらゆる手立てで小池都知事を貶める策が練られていると考えなくてはならないでしょう。何しろ、豊洲市場は既に作られていて、移転するのみの状態だったのですから。仕上げの段階で卓袱台返しが起きた格好です。お金も使ってるし、今後の豊洲はどうするんだと言う議論もあります。

そんな諸々の問題を小池都知事に突き付け、振り上げた拳を適当なところで下させると言うのが今回のヒアリング拒否の真相ではないか?と穿った見方をしてしまいました。

そんな問題に果敢に立ち向かい、石原氏を含めた関係者が明るみに出て真実が明らかになるのか。また、そうできるのか?が、小池都知事の本気度をはかる指標になるでしょう。

 

まだまだ問題が噴出しそうな豊洲移転問題。今後も注視していきたいと思います。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「選挙権18歳から」に賛成か反対か?可決されるといつから施行?
長谷川豊「安倍批判するな」に共感!この期に乗じる輩が多すぎ!!
安倍首相は身代金をISに払うのか?もし民主党政権だったら?
武藤貴也議員ってどんな人?詐欺疑われ自民党を離党も説明なし!
辰巳孝太郎議員にブーメラン!共産党が言う?そこまで言って委員会
今井絵理子を候補者に?知名度票狙いで自民が衆参同時選挙対策か?
民主党が自ら「支持されない理由」を追加したポスターを発行!
参議院議員選挙2016!墓穴掘る野党を見るとやはり「野合」?
民主党の岡田代表がはAIIBに参加したくて仕方ないようだが・・・
安倍談話の「先の世代に謝罪を背負わせてはならない」には共感
小渕優子氏、大臣辞任も当選確実!調査結果説明に注目!!
韓国がまた!反省促す前に我が振りを見てはどうか?
プラカードで強行採決阻止する民主党!片づけできない政党でした!
災害地革靴批判は民進党が何も変わっていないことを示している!
少年法改正が現実味!川崎市事件や選挙権18歳などが議論後押し?
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP