レッドツェッペリンにパクリ疑惑!?名曲「天国への階段」が?

レッドツェッペリンというと、1970年代を席巻したイギリスのロックバンド所謂ブリティッシュロックと言われ、ディープパープルやビートルズなどと並ぶレジェンド的バンドとして知られています。

heaven01

パクリ疑惑浮上

そんなレッドツェッペリンの代表曲の一つ『天国への階段』に、今更パクリ疑惑が浮上していると言うのです。この曲は、1971年に発表されたツッペリンⅣに収録されており、バンドやギターに興味を持った人なら一度は聴いたことがあるはずと言うぐらいの名曲です。

発表から45年も経過してなぜ今更?と、そんな感想を持ってしまいます。訴えられた内容は

1967年にスピリットというバンドが発表した「Taurus」の楽器演奏部分と天国への階段のオープニング部分が酷似している

と言うことです。

Sponsored Link

似ることはよくある

コード進行やアレンジが似てしまうことは良くある話です。と言うのも、音楽を聴いて良い曲だと感じる曲は限られています。そのためどうしても同じようなコードパターンやメロディーラインのパターンが複数存在してしまうのは仕方の無いことです。

この手の話は日本でもあります。作曲家小林亜星氏が、同じく作曲家の服部克久氏を訴えた裁判がありました。

小林亜星さんの曲『どこまでも行こう』と服部克久さんの曲『記念樹』が似ている!盗作では無いか?

と最高裁まで争った結果、服部克久氏が盗作したと認定され裁判で負けてしまいました。

ネット時代だからこそ

音楽は使える音の数が限られているのでどうしても似てしまうことがあります。昨今インターネットが発達しているので調べてみれば酷似していると思われる楽曲は見つかります。しかし、その殆どは意図したものではなく、

たまたま似てしまった

と言うのが本当のところでしょう。それに、4小節までは盗作とならないと思いましたが・・・。

そんなこともあり、音楽に関わる者同士はたとえ似ていたとしても

グレーゾーンとして訴えない

のが暗黙のルールとなっているようです。アレンジによりどうにか目先を誤魔化している訳です。確かにもう新しいメロディーラインやコード進行パターンを思いついてもそのパターンは既に試したが使えない物とされているのかもしれません。

 

さて、このレッドツェッペリンの盗作問題の審理は5月10日に行われます。作曲したジミーペイジとボーカルロバートブラントはどう出るのでしょうか?興味を引くところです。

 

スピリッツの楽曲Taurus(URL:https://www.youtube.com/watch?v=xd8AVbwB_6E

レッドツェッペリンの楽曲天国への階段(URL:https://www.youtube.com/watch?v=R294kdq_rZU

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

太田光「バカ発言批判」は韓国の産経ソウルと同じレベル?
紅白歌合戦2015の出演者と曲目は?金爆今年も「女々しくて」!
ドラマ「デスノート」第4話感想!エルが直接対決でライトをキラと!
未来診断CMおつる役の女の子は誰?太眉毛のヤンキー口調も凄い!
ワイルドワンズ加瀬さん死去!自殺との話もあるが原因は?
イモト今年はマッキンリーへ登る!イッテQ登山部が再始動!!
宮本彰(キングジム社長)の経歴とプロフィールは?
あさチャンが打ち切りか?甲子園のルール違反でTBS追放原因で?
ジョブチューンぶっちゃけランキング知識メモ医者編
堀北真希のナースドラマ視聴率低迷!この時期に謝罪の不可解さ!!
ドラマ「デスノート」第9話感想!ライトとニアの戦いが始まった!!
「昔話法廷」が話題に!最近のNHKは攻めた番組作ってるねぇ
大河ドラマ2015は幕末が舞台!主演は井上真央さん!!
田原総一朗も宇宙人?宇宙人総理の怪音波を跳ね返す?!
TOKIOの「DASH新年特番」レビューです・・・。
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP