高校野球春季大会2016スタート!選抜終わり夏に向けて始動

先日、3月31日に智弁学園(奈良)の優勝で幕を閉じた選抜高校野球ですが、既に夏へ向け動き出しています。

今回は高校野球春季大会を掘り下げていきます。

proyakyu1

夏へ向け始動

春の選抜高校野球が終わったばかりですが、全国各地では既に夏の甲子園へ向けてチームが始動しています。

やはり注目は清宮

88回の選抜には、2015年秋の大会で2回戦敗退、出場を逃してしまいました。しかし春季大会では順当に勝ち上がっており、1回戦の町田高校相手に12-2で勝ち上がり、2回戦へと駒を進めました。

チームが勝つことも大切ですが、清宮幸太郎君のホームラン数に注目が集まっています。

1回戦ではコールド勝ちすると同時に、自身も36本目のホームランをかっ飛ばしました。

本人は高校三年間で80本を目標にしたいと語っています。

恐らく、80本を打つことは時間の問題だと思いますが、早稲田実業自体がどこまで勝ち上がっていくのかと言うのも大切ですね。

Sponsored Link

そのほかの地域ではどうなっているのか?

沖縄県では2-1で糸満高校が優勝し豊見城を下しました。また3位決定戦は沖縄尚学と美来工科との間で争われ6-3で沖縄尚学が勝ちました。

そのほかの地域でも大会が着々と進行しており順当に優勝校が新聞紙上に出てくることでしょう。

また、これから組み合わせ抽選会が行われる地域もあり、和歌山県では選抜で1回戦負けをした市立和歌山は和歌山高専と対戦することが決まりました。あくまでも夏の大会への布石として見て行くには面白い物だと思います。

選抜が終わって政略地図はどう変わるか?

選抜は秋の大会が選出の基準となりますので、ある程度チーム力の高い学校が選ばれます。それにより甲子園に出ることが出来ているので、ある程度新チームの力はあると思います。特に滋賀県などは滋賀学園がどこまで力を付けて春の大会を戦い抜くのか?と言う点で個人的に注目しています。

また、選抜で一気に知名度が上がった秀岳館などは春の大会でどこまで戦えるのか?そして、夏にもう一度自校の力で勝ち上がってくることが出来るのか?など注目するチームも多く、とても楽しみになってきました。

 

本当は毎年全国のレベルが上がり、どこの県も甲子園の出場校が入れ替わるぐらい新陳代謝が行われると良いなと思いました。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2016春の選抜高校野球準々決勝の勝敗予想!(大会9日目4試合)
2016春の選抜高校野球1回戦の勝敗予想!(大会3日目3試合)
2015春の選抜高校野球2回戦勝敗予想
松坂大輔の2016開幕ローテーション除外の理由とは!?
2015夏の全国高校野球決勝の勝敗予想!(大会14日目)
五輪組織委また変?神宮球場使用中止要請の杜撰な中身
頑張れ「なでしこジャパン」!決勝トーナメント日程と勝敗予想!
2016春の選抜高校野球決勝の勝敗予想!(大会11日目1試合)
2015夏の全国高校野球1回戦の勝敗予想!(大会1日目3試合)
2015春の選抜高校野球1回戦「県立岐阜商(岐阜)-松商学園(長野)」分析
オリックス・バファローズが面白い!?今の話題を取り上げてみた
2020東京五輪の新競技にボウリングと綱引きが猛烈アピール!!
2016夏の全国高校野球3回戦の勝敗予想!(大会10日目4試合)
2016夏の全国高校野球1回戦の勝敗予想!(大会4日目4試合)
2016夏の全国高校野球1回戦の勝敗予想!(大会2日目4試合)
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP