素敵な選TAXI復活!竹野内豊のコミカル演技で人生の分岐点へ!!

素敵な選TAXIは、2014年10月~12月にフジテレビで放送されたドラマ。

脚本をお笑い芸人の「バカリズム」が担当した事でも、話題を呼びました。

そしてもう一つのヒット要因は、竹野内豊さんが今まで演じたことがない新たな一面をこのドラマで演じ切った・・・と言うことでしょう。

sentaxi01

春のスペシャルで復活

この「素敵な選TAXI」は全10話で視聴率9~10パーセントを記録していました。

近年のドラマでは概ね好調な作品と言って良いのではないでしょうか?

そして2016年の春に「スペシャルドラマ」として復活することになりました。いやぁ、嬉しいなぁ・・・。

毎週見てたんです。

Sponsored Link

人生の分岐点へ

ドラマの内容は

人間の人生の選択肢を誤りやり直したいお客が竹野内豊演じる枝分が運転する選TAXIに乗車し

その分岐点へ戻ってやり直す

と言ういたってシンプルなものです。

しかし人生の選択をやり直しても、また新たな事件が起こってドラマの展開を面白くさせるギミックが用意され、思ってもいない方向へと進んでしまう・・・と言った人生の教訓めいたものも教えてくれるドラマでした。

sentaxi02

バカリズムの脚本

ドラマを見ていて感じたこととしては

バカリズムというお笑い芸人はとても繊細である

という事。

その繊細な部分が枝分(えだわかれ)の中から滲み出ており、演技でも表現されているところがとても面白い部分だと感じましたね。

最近のドラマは現実が脚本を越えてしまい

妙にリアリティーを失っている

作品が沢山あるように思います。例え、ドラマの中で綺麗な世界を表現しても、視聴者にはフェイクに見えてしまうことでドラマを視聴してもらえないのかもしれませんね。

そういった意味では、「この素敵な選TAXI」と言う作品は

絶妙なバランスを保った作品

と言えます。それは何故かと言えば

ドラマの中で随所に出てくる細かいエピソードの積み重ね

であり、すなわち

選択肢を変えたところで結局は自分の人生で自分が選んだ選択は概ね間違ってはいない・・・

と言う結論に帰結するストーリー(私はそう感じてます)が、視聴者からの共感を誘ったのが要因かもしれません。

新しい魅力をアピール

主演を努めた竹野内豊さんにとってもプラスになった作品なのではないか?と感じます。

何故なら、2枚目の役柄を演じる事が多かった竹野内さんにあって、このような役はあまりなかった(私の印象ですけど・・・)ですから。

ある意味では「殻を破った」作品とも言えるんじゃないでしょうか?ちょっと大げさかもしれませんけどね。

タクシーの客に

「そこまで戻ります?このタクシーは時間を戻せるんですよ!」

とセールスする場面や

「一応、これを付けてください」

と無意味なゴーグルを客につけさせたりする演技には、コミカルな竹野内さんの魅力をアピールするに十分だったと思うわけです。

 

スペシャルドラマでは、どのようなストーリー展開が用意されているのか楽しみなところです。

放送は今春とだけアナウンスされていますので、判明次第追記したいと思います。

誰が人生の選択をするのか?にも興味が沸きますね。

いずれにせよ、スペシャルで復活する「素敵な選TAXI」が楽しみです!!

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゆとりですがなにか3話感想!妹のゆとりが幽霊に見えた3つの理由
ゆとりですがなにか9話!正和がまともな名言を放つ?まとも世代?
ゆとりですがなにか4話まりぶ=性善説か?妹のゆとりにもノータッチ
ドラマ「デスノート」第7話感想!ライトが記憶を取り戻した!!
サイレーン最終回の感想!橘カラは猪熊の双子の姉だと言う衝撃の結末
さだまさしの「ちゃんぽん食べたか」はライブMCの映像化(NHK)
流星ワゴン8話終了までの感想は「一雄死ぬのか?」!
ドS刑事最終回の感想は「黒幕は警察内部者で黒井の危機を代官様が」
マザーゲーム8話の感想!9話では毬絵の秘密が明らかに?!
ドラマ「デスノート」第4話感想!エルが直接対決でライトをキラと!
マザーゲーム7話の感想!毬絵の態度が急変し希子に敵対ムード?!
下町ロケット9話感想と最終回予想!「技術は嘘をつかない」は名言
ゆとりですがなにか8話感想!まりぶはゆとり世代ではない?彼は彼だ
ど根性ガエルのエンディングが気になる?ぴょん吉がいない意味とは?
ドラマ「デスノート」最終回感想!キラが敗北するも映画の続編が!?
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP