国勢調査偽サイトの作成意図にアッパレ!国のセキュリティ対策は?

今年は国勢調査の年です。

今年は「国勢調査オンライン」と言って、インターネット上から回答できる仕組みもあって注目されているのですが、不安を感じている方も少なくないようです。

kokusei3

国勢調査オンライン

従来の国勢調査では、調査員が事前に国勢調査用の用紙を各家庭に配布して記入してもらい、後日回収に来ると言うスタイルで実施されていました。

今回からは、よりスムーズに(と言うよりも手間の軽減でしょうが)調査を実施するために、インターネットで回答出来るようになりました。

PCだけでなくスマートフォンからも回答出来るので、ちょっとした空き時間で実施出来て便利であることは間違いありません。

各家庭には、調査に利用するIDとパスワードの情報を郵送や自治会(町内会)を通じて配布されています。

kokusei1

偽サイトが登場

このような試みは否定しませんが、便利さの裏にリスクありでしてセキュリティ面で不安を抱く方も多いと思います。

そして、その不安は現実のものとなり「偽サイト」が登場して話題になりました。

ただ、この「偽サイト」は自ら「偽物だよ!」と知らせているそうで、あくまで危険性を啓蒙するためのサイトであると言うことです。

誰もがITに長けている訳ではありませんので、そう言った知人への啓蒙のために作ったサイトが予想外に拡散されて騒ぎになってしまったと言うことでした。

kokusei2

しかし、その手法や手段はともかくとして、話題になることで改めてインターネットによる仕組みに対する危険性を知らせる良い機会になったと思います。折しも、軽減税率の代替としてマイナンバーカードによる還付策なども話題となって、セキュリティへの不安が高まっている時期だけにタイムリーだったなぁと感じます。

考えられる詐欺手法

国勢調査オンラインのように、あるサイト(ホームページ)へアクセスして回答する場合に起こる問題としては

  1. URL(アドレス)の打ち間違えにより予め用意された別のサイト(偽サイト)にアクセス
  2. 本物と誤認させ個人情報を入力させる

などのフィッシング詐欺の手法が用いられます。今回もそれに近い方法で作られたようですし、正式サイトのアドレスに似たものも複数存在しているようです。

これらは、知識の乏しい方が瞬時に見分けるのは難しいですから、予め自衛策を講じておく必要があるでしょう。

フィッシング詐欺などの目的は、殆どの場合は

  • 金品に関係する情報を入手すること

と思われます。従って、国勢調査で行われるはずのない質問があった場合は偽物と判断して良いでしょう。特に

  • 銀行口座番号などの情報
  • PCや他のサイトなどで使うIDやパスワード情報
  • 現金の振り込み依頼など

が記載されていた場合は間違いなく偽物です。

また、入力してしまった後に電話やメールなどで追加情報を求めてきたり金品を要求(手数料などと称して)するようなアクションがあった場合も同様です。

Sponsored Link

国のセキュリティは大丈夫か

総務省は今回の件を捉えて

「不安を煽る行為で調査を妨害している」

としていますが、それは半分以上間違っています。

これは想定範囲内の出来事であり、これらに惑わされない対応策を施すのが当たり前です。

今回の国勢調査はオンラインを使わなければ後から紙で調査が行われるので問題は少ないですが、ネットと言う無法地帯を利用する以上は危険性を認識した上で十分な対策を行って仕組みを運用するべきです。それを「妨害」とするのは認識が甘いと言わざるを得ません。

昨日、たまたまNHKの「プロフェッショナル」を見ていたのですが、ちょうどセキュリティの話をやっていました。

某省庁に多くのPCがマルウェア(スパイウェア)に感染して情報を抜かれたと言う内容でしたが、非常にお寒い状況にあるようです。

年金機構の情報漏えいは「起こるべくして起きた」と言えるでしょうね。

そんな状況にあるのに、マイナンバー制度などのセキュリティが万全とはどの口が言っているのでしょうね?

情報に関する認識や意識が甘いとしか言いようがありません。

ネットは世界に繋がる

ネットはとても便利ですが、ひとたびネットに繋げば全世界と繋がってしまいます。

良い面もあれば悪い面もあります。良い人だけがネットを利用しているのではありません。悪いことを考える人も利用しているのです。

そこから情報をどう守るのか?と言うことが、ネットを使う者にとっては永遠の課題となります。

 

私は今回の国勢調査は紙で回答しようと思っています。

ネットの方が楽ではありますが、やはり不安感はぬぐえません。

と言っても、紙の情報が電子になった時にどう管理されるかまではわかりませんけど・・・。

 

偽サイトで啓蒙された方には「アッパレでした」と言っておきたいと思います。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ママ名刺なんていらない?!要はママたちのマウンティングでしょ?
大塚家具内紛!原因は「おやじ(勝久氏)」の卓袱台返し!!
2014年「年間キラキラネームベスト10」
義務チョコに慈悲チョコなどバレンタインのチョコカテゴリー
ダイオウイカスルメは美味しいの?マズイの?富山で試食会開催
しつけで置き去り7歳児が未だに見つからないのは?とその可能性
佐野研二郎デザイン東京五輪エンブレムは盗作なのか?ケチつく五輪!
平昌五輪は開催できるか?財政に気象に不安がいっぱい!!
小学館の雑誌「小学○年生」が消える日?これも時代の流れか!
洗濯物自動折り畳み機ってどんな機械?いつ発売でお値段は?
北朝鮮は韓国を攻撃するのか?準戦時状態でスカッド・ノドン準備!
週休3日制導入をユニクロが大々的に宣伝するワケとは?
東海道新幹線で火災?!原因はテロか自殺か?調査待たれる
広島空港アシアナ機は操縦ミス濃厚?パイロットスキルに疑問?!
朴槿令(朴大統領の妹)の親日発言は本気か狂気か?韓国民激怒!
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP