春の七草言えますか?疲れた胃腸に七草粥!!

お正月はおせち料理をいただいたり、お神酒を飲んだりと、胃腸に負担をかけることが多いですね。

日本文化って、そう言ったことにもしっかりと対応した慣習が根付いています。

それが、1月7日に食べると良いとされる七草粥です。

nanakusagayu

春の七草言えますか?

その七草粥の七草。

ちゃんと言えますか?

私はなかなか覚えられなかったのですが、歳を取ってからは言える様になりました。

  • 芹(せり)
  • 薺(なずな)
  • 御形(ごぎょう)
  • 繁縷(はこべら)
  • 仏の座(ほとけのざ)
  • 菘(すずな)
  • 蘿蔔(すずしろ)

この順番で紹介されるので、この順番で覚えると良いです。

春の七草とは?

では、「春の七草」って何のことなんでしょうね?

芹(せり):セリ科

おひたしなどで食べる。

効能として健胃・食用増進・解熱・利尿・去痰などがあります。

薺(なずな):アブラナ科

ぺんぺん草のこと。

効能として止血・消炎・鎮痛・利尿・解熱・下痢止めなどがあります。

御形(ごぎょう):キク科

母子草(ははこぐさ)のこと。

効能としてせき止め・去痰・扁桃腺炎・利尿などがあります。

繁縷(はこべら):ナデシコ科

ハコベのこと

効能として利尿・乳汁分泌促進・歯痛・消炎などがあります。

仏の座(ほとけのざ):キク科

諸説あるそうですが、現在はコオニタビラコ(小鬼田平子)のことを指す。

効能として健胃・食欲増進・歯痛などがあります。

菘(すずな):アブラナ科

カブのこと。

効能として消化促進・解毒・せき止め・そばかすなどがあります。

蘿蔔(すずしろ):アブラナ科

大根のこと。

効能として消化促進・せき止め・去痰・利尿などがあります。

これらを「春の七草」と言います。

nanakusa

Sponsored Link

七草粥の由来

1月7日の朝に七草粥を食べる風習は、日本と中国の風習が結びついたものと言われています。

日本では、年のはじめに若菜を摘んで頂戴し自然界から新しい生命力をいただく「若草摘み」という古来の風習とがありました。

中国では、前漢の時代に、元日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人の日としてそれぞれの占いをたて、8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来します。

この風習が結びつき、現在の七草粥を食べる風習になったと言われています。

七草粥を食べるのは、

  • お正月のご馳走やお酒に疲れた胃腸をいたわること
  • 野菜の不足しがちな冬場の栄養補給をするということ

はもちろんですが、

  • 邪気を祓う
  • 一年の無病息災を願う
  • 五穀豊穣を祈る

と言う意味も込められているそうです。

 

食は健康の源です。

七草粥で胃腸を整えて、今年も健康に過ごしましょう!!

 

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

6月病の症状って?原因や対策・治療法と5月病との違いは?
北陸新幹線が持つ4つの珍事とは?
「学生と生徒」など間違えやすい2つの言葉。あなたは大丈夫?
節分にするのは恵方巻に豆まき!そのうんちくについて!!
大学生協PCが高くて家電量販店で揃えたら安くなった件
マダニによって媒介・発症する病気とは?その予防方法は?
イレウス(腸閉塞)の治療や検査方法は?入院期間はどれくらい?
ひつじ年の傾向!2015年は良い年にしたいですね!!
富山信用金庫CMとみたんの不思議にツッコミ!共演の女性についても
マツコの背中をマグロモードで測ると脂のノリは何パーセント?
認知症予防には卵かけご飯?!えごま油をちょっとかけて!
「初夢」とはいつ見た夢のことを言うのでしょう?
時の記念日(6月10日)の正午に「ドン」が富山で!初夏の風物詩
富山駅で新幹線切符を早く買う方法は?
経歴を詐称するとどうなるのか?色々と考えてみました!
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP