調布飛行機事故の原因は?エンジントラブルか猛暑による推力不足?

ニュースでも大々的に取り上げられている「調布飛行場から飛び立った小型機の墜落事故」ですが、いろいろなことが明らかになって来ています。

その中で、事故に至った原因については調査が進められているところだと思いますが、空港に隣接する住宅地で起きた事故だけに、危険性も含めて様々な意見が出ていますね。

chofu3

小型機が墜落

7月26日午前10時58分頃に発生した事故は、調布飛行場を飛び立った米パイパー社製小型飛行機「PA-46-350P」が空港からほど近い東京都調布市富士見町の住宅街の民家に墜落し、民家に居た女性1人と小型機の乗員2人の3人が死亡したいたましいものとなってしまいました。

chofu1

多くの情報についてはニュースでも報じられていますが、なぜ事故が起きてしまったのか?についてはこれから調査されるのが実際のところではないでしょうか?

なぜ事故に至ったのか

安易なことは言えませんが、それでも「何故?」と言う思いは拭えませんので、現在知り得る限りの情報から原因となり得ることを考えてみたいと思います。

まずは機体であるパイパー社のPA-46-350Pとはどんな飛行機なのでしょう?

chofu2

PA-46

  • 全長:8.81 m
  • 全幅:13.11 m
  • 全高:3.44 m
  • 翼面積:16.26 m2
  • 全備空虚重量:1,416 kg
  • 最大離陸重量:1,968 kg
  • エンジン:テキストロン・ライカミング TIO-540-AE2A 水平6気筒ピストンエンジン(350hp) × 1
  • 最大水平速度:407 km/h
  • 証明認定高度:7,620 m
  • 航続距離:1,953 km(最大燃料時)
  • 乗客:最大5名
  • 乗員:1名

乗員・乗客合わせて最大6名が搭乗可能な機です。事故時は5名が搭乗していました。

事故直前の離陸時には「エンジン音がおかしかった」などの証言もあるので、エンジントラブルが疑われています。

事故時の調布付近では東南東の風2mで気温は32.9℃でした。

RW17(170度方向の滑走路)から離陸した機は、通常よりも上昇出来ずに墜落したと言う見方もありますが、気温がほぼ33℃と高温だったことと、搭乗員が5名で伊豆大島へ向かって午後に戻ると言う計画であることから、燃料もそれなりに積まれていたと思われます。

Sponsored Link

気温による要因

よく言われるのは、気温が高いと飛行機の離陸や上昇が難しくなると言うことです。

これは、気温が高くなると空気が膨張することによって空気密度が下がってしまうために、飛ぶための揚力が小さくなってしまうことが原因です。

揚力を求めるには


L = {1 \over 2} \rho V^2 S C_L

の式が用いられます。

L=揚力

p=流体の密度(海面高度の大気中なら 1.2250 kg/m3

V=物体と流体の相対速度 (Velocity)

S=物体の代表面積 (Surface)

CL=揚力係数

で表されます。従って、空気密度pが小さくなれば揚力も小さくなり、上昇しにくくなります。

エンジンにおいても空気密度が下がると圧縮比が下がり、密度の濃い空気ほどの爆発力を得られなくなることからパワーが落ちてしまいます。

航空会社が運航する旅客便などの場合、離陸重量がオーバーする恐れがある場合は座席数以下に乗客を減らす措置を取る場合もあります。

(気温が上がると、本来乗れたはずの人が飛行機に乗れない事態になります)

この二重の影響と、搭乗員5名と燃料などを合わせた重量が、適正だったのかどうか?と言う点も気になりますね。

「整備不良ではないか?」

と言う指摘もありますが、パイロットの総合的な判断がどのようなものだったのかも焦点になることと思われますね。

少なくとも、連日の暑さが事故に対して何等かの影響を及ぼしたことは否定出来ないのではないか?と思います。

空港近隣の危険性

住宅街に墜落したことで、空港に隣接する市街地への危険性が叫ばれていますが、そうなれば空港周辺での一定範囲には人が住めないと言うことになりますね。

普天間基地問題などは最たるものだろうと思いますが、普天間にせよ今回の調布にせよ、空港が出来てから街が出来ています。

これは、空港近辺での利便性や経済性などのメリットに加えて、国土の狭い日本の土地を有効に利用すると言う考えもあるのだろうと思います。

危険性だけを論じるのではなく、成り立ちなどの背景も検証しながら多角的な視点での議論が望まれます。

少なくとも、「空港近辺は危険だから云々」と言う短絡的な議論にならないように望みます。

 

事故調による調査が進めば原因も明らかにされると思いますが、飛行機も夏は弱いと言うことなんですね。

最後に、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

コメント

  • 私は技術屋ですが,航空機事故には素人です.それでも一筆だけしたいです.
    2t以下の機材でライカミング350HPは十分なエンジンです.
    多少の特殊飛行も可能なくらいでしょう.

    それで落ちたのは,整備不良や機械的不備でなければ,燃料か潤滑油の
    気化ではないかと思われます.燃料気化は,冷えれば何も証拠が残り
    ません.

    人的被害(とくに搭乗者以外)を生じたのは残念です.
    小型機の規制強化ではない方法での再発防止を願いたいです.

    by 居候    2015年7月31日 9:15 PM

  • 居候さん、技術的視点からのコメントありがとうございます。

    いろいろと言われてはいますが、徐々に原因も明らかにされるものと思います。
    仰るとおり、小型機の規制強化ではない方法での再発防止を願いたいですね。

    by pikaichi716    2015年7月31日 9:43 PM

  • […] 後に戻ると言う計画であることから、燃料もそれなりに積まれていたと思われます。 [引用元] 調布飛行機事故の原因は?エンジントラブルか猛暑による推力不足? | 雑多な戯言・・・ […]

    by 調布飛行機事故の原因は?エンジントラブルか猛暑による推力不足? | 雑多な戯言・・・ | 日刊☆なんでもトピックス!    2015年11月29日 10:57 AM

  • 最大離陸重量・・1968kg
    全備空虚重量・・1416kg(wikiは1200kgと掲載もある)
    当日の積載燃料・ 280kg
    登場人数5名・・推定重量300kg~350kg
    調布市付近気温・32.9℃
    風速・・・・・・不明
    ※離陸滑走距離が長かった、との証言を参考にすると最大離陸重量超過の可能性があり
     当日の滑走路付近の気温を考慮すると速度不十分で離陸し、機種上げ過多にともない
     失速に至ったとの推論も成り立ちます(離陸直後の画像と音声も参考)
    ※搭載燃料が多すぎたかもしれません。

    by 猫    2017年3月30日 4:17 PM

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自撮り棒が北陸新幹線で禁止!その理由とは「命にかかわる」?
佐野研二郎の東京五輪エンブレムを組織委員会が使用中止を決定!?
facebookに「いいね」以外のボタンが遂に実装された!!
富山駅高架化一部運用開始も事業完成は2022年を予定!
カラフルわたあめは色や味・形がカラフルで人気に!めざましテレビ
記憶に残った事故・2014
アパホテルよアッパレ!中国の言いがかりに毅然「言論の自由」
お菓子リュックが女子高生で流行?!めざましテレビで紹介!
ムーミンパークが埼玉に!2017年オープンでアクセスや入場料は?
北朝鮮は韓国を攻撃するのか?準戦時状態でスカッド・ノドン準備!
小学館の雑誌「小学○年生」が消える日?これも時代の流れか!
ガチャ上限自主規制って効果ある?疑念がぬぐえないが
Mr.Babeって何?!マニアック化する雑誌の中身とは?
朴大統領がトンデモ発言?!「来年南北統一」で北朝鮮の反応が怖い
富山のチンドンコンクールは春を告げる風物詩
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP