正月飾りのうんちく。いつ飾っていつしまう?処分はどうしたらいい?

クリスマスが終わると一気に年の瀬ムード全開ですよね。

もう、お正月の準備とかはされていますか?

今回は「正月飾り」についてうんちくを・・・。

shogatsu

由来

お正月は、年の初めに年神さまをお迎えして1年の無事や幸福を願うと言う行事になりますが、昨今ではそのようなこともあまり語られることもなく、単に「そういうもの」として過ごしてしまっているような気がします。私自身もそうですけど。

正月飾りと言うのは、その年神さまが自分の家に来るための「目印」のようなものです。

それには「いつから飾るか?」とか「どこに飾るか?」や「いつしまうか?」などの決まりがあるんですね。

正月飾りには

  • 門松
  • しめ縄
  • 鏡餅

あたりが一般的です。

門松について

「門松」は門に飾る正月飾りです。年神さまはこの「門松」を目印にやってきます。

「門松」に松竹梅がありますが、これにもちゃんと理由がありまして

  • 松:神の宿る木とされる
  • 竹:成長が早いため生命力の象徴とされる
  • 梅:新春に咲き1年の始まりとされる

と言うことです。

しきたりでは、12月13日に飾るとのことなのですが、近年は12月28日ころに飾るのが一般的かと思います。

また、12月29日に飾るのは「苦立て」と言ってよろしくないのですね。

同じく、12月31日に飾るのは「一夜飾り」と言って、神様に対して失礼にあたるので良くないと言われます。

しめ飾りについて

「しめ飾り」は旧年中の悪や邪、不浄を祓い清めるとともに、神様がいらしていると言うしるしとしても飾ります。

飾る場所は玄関のドアですね。

「しめ飾り」にも

  • しめ縄:豊穣祈願の意
  • 裏白(うらじろ):ウラジロ科のシダは葉の裏が白いことから「後ろ暗いことがない」清浄をあらわします
  • 御幣(ごへい):神様が宿る神のことです
  • ゆずり葉:家系が絶えないようにとの意
  • だいだい:代々繁栄するようにとの意
  • 昆布:喜ぶの意

の意味が込められています。

鏡餅について

「鏡餅」にも神様が宿り、丸い形からもわかるように「円満」とか「万事丸くおさまる」とか、2段に重ねているのも「円満を重ねる」などの意味があります。

「鏡餅」は床の間に飾ります。

Sponsored Link

飾るのは松の内の間

正月飾りを飾るのは松の内の間(一般的には1月7日まで)とされます。地方によっては15日まで飾っても良いと言うところもあるようです。

処分は?

「門松」や「しめ飾り」は神社に奉納するとか、「左義長」などで燃やすのが一般的です。その際も粗末に扱うのではなく、紙などに包んで保管するなどの注意が必要です。神様に関わることですからね。

自分で処分したい場合は、「お清め」をしてから処分します。

包むための大き目の紙を清めます。

紙を広げて左・右・中とお清めの塩を振り清めます。

その紙でお正月飾りを包みます。

一般のゴミと分けて(正月飾りだけにして)処分します。その場合に飾りを細かく切っても良いそうです。

自宅の庭などで焼く場合には、お神酒と塩で土を清めてから焼くようにします。

「鏡餅」はご存知と思いますが、1月11日に「鏡開き」を行います。割ったお餅はおしるこなどで美味しくいただきます。それによって無病息災を願います。

 

あらゆるものに意味があるのは日本の素晴らしいところですね。

そう言うことを感じながらお正月を過ごすのも、この世知辛い世には良いかもしれませんね。

 

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自撮り棒(セルカ棒)は日本文化を象徴したアイテムだった!!
今だからこそ石油ストーブのススメ!災害時の暖房を確保しよう!!
リバイバフォンは効果あり?!水没スマホ復活の口コミや理由は?
給油ランプ点灯後の走行可能距離ってどれくらい?燃料の残量は?
新生活の準備は?必需品リストで抜け漏れを防止!
「初夢」とはいつ見た夢のことを言うのでしょう?
電力自由化って何?4月スタートの制度に素朴な4つの疑問!
アルペンルートは19mの雪壁!除雪方法は今も昔も職人技!
霊柩車事情も変化?宮型激減と迷信知らぬ世代も時代の流れか!
「学生と生徒」など間違えやすい2つの言葉。あなたは大丈夫?
ボウリングのスコア自分でつけられる?計算方法を解説します!!
自転車は車道?歩道や通行帯などルールが複雑で危険な場合も?!
6月病の症状って?原因や対策・治療法と5月病との違いは?
春一番とは?風速以外の基準は何で「いつ頃」吹く?
なぜ桜が土手に多く植えられるようになったのか?
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP