ヒートショック対策!冬の寒い入浴で注意すべき6ヶ条!!

冬至も過ぎて日に日に寒さが増してくるこの頃です。

年末年始には再び寒波が襲来して大雪になる・・・なんてことも言われていますが。

寒くなると注意したいのが「お風呂」に入った時に起こる「ヒートショック」と言う現象です。

気になったので、自分なりに調べて対策を書いてみました。

bath1

ヒートショックとは?

「ヒートショック」って言葉を聞かれた方も多いのではないかと思います。

ヒートショックと言うのは、温度の急激な変化によって血圧が上下に大きく変動することによって引き起こされる健康被害。

具体的には

  • 失神
  • 心筋梗塞
  • 不整脈
  • 脳梗塞

などを引き起こすと言われています。

特に、入浴時などで血圧が急激に低下することで失神し溺死する事故も多数報告されています。

その原因は?

ヒートショックを発生させる原因は温度差の大きい場所を移動した場合(暖房された部屋から暖房されていない廊下やトイレ)などでも起こり得ますが、最も危険とされているのがお風呂です。

暖房の入っていない脱衣所で肌を露出することによって、体の表面温度が急激に下がることになります。それによって寒冷刺激が起こり体温を維持上昇させるために血圧も急激に上昇します。

この時に心筋梗塞や脳梗塞が発生しやすいと言われています。

その状態から浴槽につかることによって、今度は欠陥が膨張して血圧が急激に下がります。

それによって失神し、そのまま溺れてしまう・・・と言われています。

Sponsored Link

対策6ヶ条

では、その対策について書いていきます。

1.脱衣所や浴室、トイレなどにも暖房を入れる

温度差が大きいほど危険なので、脱衣所や浴室、トイレの断熱化や暖房などによって温度差を軽減することが予防となります。

2.シャワーによるお湯はり

高い位置からシャワーによる浴槽へのお湯はりをすることで、浴室全体が温まりヒートショックを予防する効果があります。

3.夕食前・日没前の入浴

日没前などに入浴することで脱衣所や浴室がそれ程寒くないために、ヒートショックを予防する効果が期待できます。

4.食事直後や飲酒時の入浴は避ける

食事直後や飲酒時は血圧が下がりやすいため入浴を控えるのが賢明です。

5.お風呂の温度を41℃以下に設定

お風呂を41℃程度とし、温めすぎないことが血圧の急激な低下を防ぐことにつながります。

6.ひとりで入浴するのを避ける

万一の場合に備え、ひとりで入浴しないことも重要です。何かあってもすぐに発見してもらえることが大切です。

その他の注意

他には、夜中などにトイレへ行く場合なども注意が必要です。

暖かい布団から出て素足で廊下(フローリングなど)を歩くことで急激な体温低下と血圧上昇が懸念されます。スリッパなどで直接床に足を着けない工夫が必要です。

 

いずれにしても、特に高齢者の居るご家庭では注意する必要があります。

寒い冬には、いろいろな危険が潜んでいます。

みなさん、ご注意ください!!

 

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

春の七草言えますか?疲れた胃腸に七草粥!!
北陸新幹線が持つ4つの珍事とは?
バンザイシステムって何?合否判定結果の信憑性はかなり高いらしい!
新入社員が職場に溶け込む方法とは?先輩社員との距離感についても
使い捨てマスクは何日使える?気になる交換のタイミングとその理由
「学生と生徒」など間違えやすい2つの言葉。あなたは大丈夫?
がん治療にごしんじょう療法?川島なお美さんの民間療法らしいが?
6月病の症状って?原因や対策・治療法と5月病との違いは?
イレウス(腸閉塞)の治療や検査方法は?入院期間はどれくらい?
なぜ桜が土手に多く植えられるようになったのか?
横紋筋融解症の症状や原因とは?注意すべきことや対応策は?
バイオニックレンズって?!日本での実用化やお値段と効果は?
関空がロストバゲージゼロの理由と世界の空港の荷物紛失数は?
霊柩車事情も変化?宮型激減と迷信知らぬ世代も時代の流れか!
初詣で神社にお参りする7つの作法
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP