お年玉の相場は?いくらあげたらいいんだろう?

お正月になると、親戚が集まったりして賑やかに過ごす方も多いのではないかと思います。

そうなると、当然ですがお子さんもいて

「お年玉」

をあげることになります。

私も自分の息子にあげていましたが、親戚の子や他所の子の場合はいくらくらいあげるのがいいんでしょうね?

そんなことを思って相場を調べてみました。

pochi

幼児・未就学児の場合

小さいお子さんの場合が一番困りますね。

あげないと言う訳にもいかないですし、多すぎたりしても困りますしね。

その相手との関係なども影響しますし、自分の子供もお年玉をもらう訳ですからそれも考えなくてはいけません。

  • 0歳~3歳:500円~1,000円
  • 4歳~6歳:1,000円~2,000円

と言ったところが相場のようですが、特に小さなお子さん(乳幼児)の場合はおもちゃなどでも良いようですね。

小学生の場合

小学生の場合です。

そろそろ自分でも「お年玉いくらもらえるかなぁ」と考えてくる年頃です。

それを貯金して何か買おうと思っている子もいるでしょう。

  • 低学年(1年~3年):2,000円~3,000円
  • 高学年(4年~6年):3,000円~5,000円

これくらいが相場のようです。

中学・高校生

中学生、高校生になると当然お年玉を”アテ”にしてくる訳ですが、それなりに親や親戚の事情も理解できる年頃でしょう。

  • 中学生:5,000円~10,000円
  • 高校生:5,000円~10,000円

どちらも同じ幅が相場です。

ただ、小学生の時に5,000円もらっていたとしたら中学では6,000円にするとかの差はつけないと納得しないかもしれませんね。

高校生になったら10,000円にするとか。さすがに中学生で10,000円は多い気がします。

大学生

「お年玉はいくつまであげればいいんだ?」ってことにもなりますが、私の場合は息子が大学生まではあげています。

夫婦2人で20,000円なので一人当たり10,000円ってことになりますが・・・。

  • 大学生:10,000円~20,000円

相場はこれくらいです。

人によっては18歳以上はあげていないとか、いろいろと基準を設けている方もいるそうです。

私の場合は基本的に年齢ではなく

「収入があるかないか?」

で分けています。18歳でも自分で働いているのならばあげていません。

※私自身もそうでしたから

Sponsored Link

注意すべきことは?

子供はお年玉の額をお互いに言い合ったりして把握しています。

特に兄弟や親戚などでは、それぞれが不公平にならないように「同じ額」を渡す必要があります。

これは、親戚同士で取りきめをしておくのが無難な方法です。

また、「中学生になったらいくらもらえる」とかも計算しているので相場を参考に基準を作るのが良いでしょうね。

最後に、ただお金をあげるのではなくその意味をしっかり伝えるのが重要です。

Wikiによると(以下、引用)

これをもって年のありがたい賜物(たまもの)であるとして「とだま」という名がついたという説。なまって としだま」があり、また、神棚に供えた、餅玉を与えたために「年玉」の名前がついたとの説が有効。

「たま」とは、「たましい」のことであり、「としだま」とは新年を司る年神への供え物の下げられたもののことであると民俗学的には説明される。供え物には祀った神霊の分霊が宿るとされ、それを頂くことにより、人々は力を更新して新たな一年に備えるのである。

年玉の習慣は中世にまでさかのぼり、主として武士は太刀を、町人は扇を、医者は丸薬を贈った。

とあります。こう言った由来を伝えるのも良いですし、あたなご自身の思いや考えも一緒に伝えてあげるのが大切なのかな?と思っています。

 

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

懲役刑と禁錮刑の違いとは?一本化されると何が変わる?
地震時エレベーターの動作と復旧方法は?時間はどの程度必要か?
北陸新幹線が持つ4つの珍事とは?
なぜ桜が土手に多く植えられるようになったのか?
オダギリジョー次男の絞扼性イレウスとは?!治療や予防策は?
春の七草言えますか?疲れた胃腸に七草粥!!
アルペンルートは19mの雪壁!除雪方法は今も昔も職人技!
杉村太蔵のダイエット方法や効果とスレンダートーンの評判は?
リバイバフォンは効果あり?!水没スマホ復活の口コミや理由は?
富山信用金庫CMとみたんの不思議にツッコミ!共演の女性についても
新生活の準備は?必需品リストで抜け漏れを防止!
大学受験時の持ち物は大丈夫?宿泊先の手配は受験生応援で!
地震や災害報道一色の時に精神状態を保つ方法や考え方の考察
ヒートショック対策!冬の寒い入浴で注意すべき6ヶ条!!
マダニによって媒介・発症する病気とは?その予防方法は?
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP