国産ステルス機開発に現実味?歴史的転換点に!

先進技術実証機(ATD-X)を防衛省技術研究本部(技本)が三菱重工業を主契約企業として開発を行っている航空機(初期のころは心神と呼ばれていた)が今年中にも試験飛行が行われると言うタイミングで、ステルス機用のジェットエンジンを国内技術で開発するメドが立ったことで、純国産のステルス戦闘機開発が現実味を帯びてきました。

fsx300

F3(仮称)開発方針決まる

日本政府は航空自衛隊F2戦闘機の後継機となるF3ステルス戦闘機(仮称)の開発方針を固めた様です。これにより戦後70年の節目に当たる今年、国産技術のみで高性能戦闘機を製造する見通しが立ったことで大きな決断をしたことになります。

HSE(ハイパワースリムエンジン)

従来、戦闘機開発において最もネックだった技術がこのジェットエンジン。

今回、HSEと呼ばれる15トン級推力を持つエンジン開発にメドが立ったことで全ての技術を国産で賄うことが可能になりました。

HSEは防衛省技術研究本部とIHIが開発し、2018年をメドに試作エンジンを完成させる計画だそうです。

fsx301

HSEは第5世代と呼ばれる戦闘機専用のエンジンとして開発されており、HSEを2機搭載した双発戦闘機の場合ではエンジン排気に燃料を噴射して加速する「アフターバーナー」を使わずに常時音速で飛行することが可能になると言うことです。

小型化で大出力

第5世代戦闘機に求められるエンジン要件として

  • 大出力
  • 小型化

と言う相反するものがあります。

現在、実証機に使われているエンジンは推力が5トン級ですがHSEは15トンと3倍の推力でありながら、運動性やステルス性を向上させるために小型化することが命題であり、実証機エンジンが直径70cmなのに対して1mに抑えると言うから凄いものです。

このエンジン開発で得られる技術は民間用に転用することで世界の3大エンジンメーカーであるアメリカのプラットアンドホイットニー社(P&W)、同じくアメリカのゼネラルエレクトリック社(GE)、イギリスのロールスロイス社(RR)の牙城に食い込むことも夢ではなくなってくるでしょう。戦後長きにわたり航空機開発から遠ざかり、肩を並べることが出来なかった日本の航空技術が再び復権することになるかもしれません。

Sponsored Link

是が非でも国産で開発を

国産技術の粋を集めたステルス戦闘機開発は、おそらくアメリカなどの注目を集めることになりそうです。

ここで心配なのは「共同開発」になりはしないか?と言うこと。

F2の時はエンジンの問題もあり共同開発となってしまいましたが、国防の視点に立てば純国産で開発されることが何より重要なことです。日本はかつて零戦などの高性能戦闘機を開発した時代もありましたから、今回は何としても国産開発を貫いてもらいたいと思います。

武器輸出規制が緩和されたこともあり、開発後の維持や開発費回収のためにも輸出も視野に入れた総合的なプランで臨んでもらいたいと思います。

 

戦後70年の節目の年に、大きな決断をした日本政府に対して拍手したいと思います。良いステルス戦闘機を作ってもらいたいものです。

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ドローンを武器に?!恐れていたことが現実化で規制強化か?
facebookに「いいね」以外のボタンが遂に実装された!!
ムーミンパークが埼玉に!2017年オープンでアクセスや入場料は?
北陸新幹線に北陸道で出会うには?
ガチャ上限自主規制って効果ある?疑念がぬぐえないが
富山駅高架化も地鉄はいつ?どうやって高架化するの?
箱根噴火の可能性が高い?!6cm隆起の意味と危険性とは?
浅間山も箱根も活発化?!地震も頻発するのは活動期だからなのか?
2015バレンタインのチョコに傾向はある?
ママ名刺なんていらない?!要はママたちのマウンティングでしょ?
不二越で火事!ベアリング製造所から出火するも怪我人なし!!
大塚家具株主総会で久美子社長勝利の理由
韓国の非常識さを自ら暴露!日韓併合から仏像判決までを振り返る!
平将門の祟りを現代でも恐れて再開発計画から除外した
ダイオウイカスルメは美味しいの?マズイの?富山で試食会開催
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP