クセで本性?「ホンマでっか!?TV」を見て「なるほどねぇ」

フジテレビの「ホンマでっか!?TV」2月18日放送は

「クセを見れば貴方の本性が分かる」

でした。

honma021801

誰にでもあるクセ

「なくて七癖」なんて言われるクセですが、今回の放送では

「クセにも良いものと悪いものがある」

ことを言っていましたね。

メール返信が早い人ほど〇〇

最近は何でもメールで連絡することが多いですが、メールの返信が早い人ほど

体調を崩しがち

とのこと。不眠、便秘、胃痛の原因になるんだそうですよ。

人には「自己時間」と「他者時間」の両方必要。

自己時間とは自分で管理できる時間で、他者時間とは人に管理されている時間のこと。

メールは実は他者時間になる。

確かに、メールもらったら内容によるけど

「早く返信しとかないと・・・」

ってちょっと強迫された気になったりしますね。

ビジネスで成功している人はプライベートでメールを持ち込まない。

成功する人は何でも上手く管理してるんでしょうね。

おしゃぶりのクセをアメリカでは直さない

日本では「おしゃぶり癖」を直すのに世のお母さんが苦労しますね。

アメリカでは直さないそうです。

おしゃぶり癖を直す理由は

歯並びが悪くなるから

なんですが、アメリカでは

矯正するから問題ない

と言う考えだからですね。

髪の毛を抜く癖は抜毛症

髪の毛を抜く癖もあるんだとか。

これはクセと言うより病気で「抜毛症」と言う。

癖が悪化し、髪のほとんどを抜いてしまう人もいるそうですから怖いですよね?

治療法もあるそうなので、心当たりの方はお医者様にご相談を!!

Sponsored Link

いつも同じ側で鞄を持つと背骨が曲がる

肩掛けカバンなどは、クセでいつも同じ側の肩にかけてしまうのですが、これは背骨が曲がってしまうので良くない。

特に、中学や高校の時にそうなってしまうと「治らない」と言う結構深刻な話です。

マツコさんもハンドバッグや荷物を左手で持っていたら、急に左腕が痛んでしまった。同じ手で荷物を持ってたのが原因だった。

荷物もカバンも交互に持つようにしましょう!!

スマホをうつむいて操作すると首に負荷がかかる

うつむいてのスマホ操作は首に+20Kgの負担がかかる。

首が凝るとストレス物質が増えて活力に影響する。

スマホの操作は顔の目の前で持つとよい。

でも、それって結構難しいですよね?

腕組みは鎮痛剤と同じ位の効果がある

脳科学的には脳が混乱し、幻覚を見易いってこともあるんだそうです。

混乱が痛みを和らげるってことなんでしょうね。

話すとき相手の目を見てはいけない

加藤アナの悪い癖は

「話すときに相手の目を見る→相手を傷つけやすい」

と言うこと。

目を見るのはよくない。威圧や威嚇になってしまうので、相手に不快感を与えるのだそうです。

昔学校で

「話す時は相手の目を見て話せ」

と言われたのですが、間違っていたんですね・・・。

社会的に成功している人は相手の目を見ないか、見ても一瞬。

目は重要な事を伝える時だけ見るようにする。

医者も患者と話す時は直接は向かい合わない。目を合わせると発言数が減る。

クセを直すには

癖を直すにはその姿を見せると直すことが出来る。

食事の時に行儀が悪い→鏡の前で食べさせると直せる。

小さい頃からホームビデオで自分の姿を見ていると「無個性」になる。

「人は報酬につながるクセは直そうとしない」

 

なるほどねぇ。

今回も勉強になりました!!

 

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ムロツヨシの「妖怪どうしたろうかしゃん」はアドリブ?LIFE
ちはる快諾?!ウッチャン大満足でマモー・ミモーが復活!LIFE
ふなっしー記者会見で時給を暴露?憲法論議も?
横浜銀蠅の今は?嵐や翔がツッパリハイスクールロックンロール熱唱?
吉田羊は年下好み?中島裕翔との熱愛発覚で気になる本気度!
綾瀬はるかが「ものづくり日本の奇跡」で天然ぶり
アナ雪の歌詞は戸田奈津子の凄技訳で口の動きにピッタリだった!!
ビートたけしのTVタックルが日曜昼枠に移動する理由とは?
谷田千里(タニタ社長)の経歴やプロフィールと健康への思いとは?
V6坂本。「今があるのは太一のおかげ」と嵐の番組で語る!!
壇蜜さんが中国語をEテレで!知性を感じる魅力は何故だろう?
ゆう活って何?CMで葛西さんと共演してる女性は誰?
マザーゲーム7話の感想!毬絵の態度が急変し希子に敵対ムード?!
ジャンケン5回で占う恋愛タイプの方法?!とくダネで
男の友情と女の友情の違いは?キッカケも理由が!!ホンマでっかTV
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP