「ありがとう北斗星」2015年3月でブルートレイン引退

既に発表されているJR西日本の豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」の引退に続き、JR東日本の寝台特急「北斗星」も2015年3月で引退することになった。

「北斗星」の引退によってブルートレイン(通称:ブルトレ)が全て引退することになる。

「北斗星」は1988年に青函トンネル開通と同時に走り始めた寝台特急で、上野~札幌間を16時間かけて走破する。

hokutosei01

最初のブルトレは昭和31年運行

 

日本でブルートレインが最初に走ったのは1956年(昭和31年)。

夜行特急「あさかぜ」が東京~博多間で運行を開始。この時点ではまだ客車がブルーではなかったが、2年後に20系客車へ変更されたことが始まりとされる。

寝台特急であっても、客車が青色でない場合はブルートレインとは呼ばれない

 

豪華列車のさきがけ

 

「北斗星」は車内の設備やサービスが豪華であることが話題となり、チケット入手が非常に困難な憧れの列車としても知られている。

現在では「カシオペア」が太平洋側から北海道へアプローチする豪華列車であるが、それ以前は定期列車でありながら個室中心の設備でまさに「動くホテル」として話題をさらったものである。

余談だが、筆者も新婚旅行のために北斗星のチケットを取ろうとしたが旅行会社に勤務する友人に「絶対に無理」と断れらた思い出がある。

hokutosei02

 

廃止理由は老朽化

 

「北斗星」が長い歴史に終止符を打つ理由は車両の老朽化

「24系25型」と言うブルートレインとしてはスタンダードな車両を改造した客車を使用しているが、初期に製造されたのは国鉄時代の1976年頃。

40年近くも現役で走っているとなれば、引退もやむを得ないのかもしれない。

hokutosei03

Sponsored Link

またひとつ時代が終わる

 

2015年には北海道新幹線の試運転も始まる。

夜間に移動する手段だった寝台列車から、より豪華で贅沢な旅のアイテムとなって存続していたブルートレインだったが、時代の波には逆らえないようだ。

新幹線だけでなく、今や高速バスなど安価で便利な移動手段も廃止に追いやった原因だろう。

hokutosei04

またひとつの時代が終わるのかもしれない。

 

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

平将門の祟りを現代でも恐れて再開発計画から除外した
カラフルわたあめは色や味・形がカラフルで人気に!めざましテレビ
長谷川豊「安倍批判するな」に共感!この期に乗じる輩が多すぎ!!
着る蚊帳「ネッツメン」の効果や値段は!?アウトドアの必需品?
「一般国民」に「何が残念」と言う東京五輪組織委員会こそ問題だ!!
富山のチンドンコンクールは春を告げる風物詩
2016年もビアガーデン!ビールの季節がやってきた~!!
韓国の話題尽きず!財閥にF1に・・・やはり先進国とは言えない?
大塚家具内紛!原因は「おやじ(勝久氏)」の卓袱台返し!!
ガチャ上限自主規制って効果ある?疑念がぬぐえないが
しつけで置き去り7歳児が未だに見つからないのは?とその可能性
国産ステルス機開発に現実味?歴史的転換点に!
「吊るす虫よけ」は効果なしって言われてダマされた感がハンパない件
ファミマが戦場に?!刀剣乱舞クリアファイル争奪戦で終了店続出!!
就活!面接官は学生の何を見ているのか?ここを気をつければ大丈夫!
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP